お洒落なデザインが豊富にある|レディースのピアスの特徴を紹介

タンデムシートに荷物収容

大容量の収容も可能に

ドライバー

バイク愛好家にとって、気の合う仲間たちと連れ立ってツーリングに出かけるのは何よりの楽しみとなるものです。長距離のバイクツーリングでは旅先で宿泊する場合も少なくありませんが、キャンピング用品を持っていけば雄大な大自然の中で寝起きすることができます。バイクでそうした荷物を持ち運ぶのに使われるツーリングバッグにはサイドバッグやタンクバッグもありますが、最も収容能力が大きいのはテールバッグとも呼ばれるシートバッグです。シートバッグはバイクの2人乗りに使う後部座席のタンデムシートに装着するタイプのバッグで、ベルトやバックルを使ってシートに固定します。サイドバッグやタンクバッグは収容能力も限られるのに対して、シートバッグには本格的なキャンピング用品を積めるほど大容量の製品が存在します。タンデムシートにシートバッグをしっかり固定することによって荷物は安定しますが、あまり大きくない車体に大容量タイプを装着した場合はバランスが悪くなるので注意が必要です。車体のサイズやツーリング目的に合わせて最適なタイプのシートバッグを選ぶことにより、荷物の運搬と安定走行を両立させられるのです。シートバッグを選ぶ際のもう1つのポイントとしては、仕切りやポケットがどれだけ付いているかという点が挙げられます。特に大容量タイプのシートバッグではそれだけ多くの荷物が収容できますが、仕切りやポケットの数が少ないと目的の荷物を取り出すのに手間取ってしまうからです。ツーリングの最中には急な雨に見舞われる場合も想定されるため、防水タイプのシートバッグを選んでおけば天候の急変にも安心です。自分のバイクに合わせた最適なシートバッグを導入することによって、ツーリングの楽しさは何倍にも大きく広がります。特に大型のバイクを乗り回している人は大容量タイプのシートバッグも積めるため、長期間に及ぶ本格的なツーリングの旅も実現できるのです。

こんな機能をチェック

鞄のついたバイク

バイクに取り付けるバッグには、いくつかタイプがあります。その中でも、最も多くの人に愛用されているのが、シートバッグです。シートバッグは、その名の通りバイクのシートに取り付けて使用します。シートの後方部に位置する為、運転中の妨げにならず、かなり多くの荷物をシートバッグに入れる事が可能です。シートバッグを購入する際は、機能面において注意しておくと良いです。まず最も大事な事は、シートバッグが頑丈である事です。バイク走行中に、粉塵や雨にさらされる事がありますが、シートバッグの表面上は傷や汚れが付着しても、中にまで被害が確実に及ばない事がポイントです。どのような素材で製造されているかチェックし、実際に自分で触ってみる事をお勧めします。続いて注意しておくべき点は、荷物の収納のしやすさと取りやすさについてです。開閉口が1ヶ所しかない場合は、取り出したい荷物が一番奥に入れてると、中々直ぐには取り出せません。そこでお勧めなのが、シートバッグの両側に開閉口が付いているタイプです。さらには収納スペースが分離されていて、分離スペースそれぞれに開閉口が付いているタイプも使いやすいです。このタイプは、荷物の内容毎に整理して収納したい人にお勧めです。また、長時間バイクを運転する人にとって、水分補給はとても重要です。シートバッグにペットボトルホルダーが付いていると、とても助かるでしょう。その他にも、ショルダーベルトがあれば、シートバッグの持ち運びが便利です。以上のような点に注意して、自分のスタイルに合ったシートバッグを購入していきましょう。

湿気を避けるのが重要です

バッグ

ツーリングなどで出かける際の荷物入れとして重宝されているのが、バイクシートに取り付けて使用できるシートバッグです。雨や風に当たっても中の物を守れるように頑丈に作られていますが、定期的な手入れをしたり、適切な状態で保管しないとすぐに劣化してしまうことがあります。シートバッグの基本的な保管方法として、湿気を避けることと、取り付け用のゴムを伸ばしっぱなしにしない事が挙げられます。雨の日でシートバッグが濡れてしまった場合、湿った状態で放置してしまわないように注意する必要があります。乾燥させずに放置してしまうとカビが生えてしまったり、形崩れなどの劣化に繋がってしまいます。そのため、雨などで濡れてしまった場合はシートバッグのチャックやポケットを開け、内側もしっかりと乾燥させてから保管するようにするのが良いでしょう。また、保管する時は取り付け用のゴムを外しておくことがオススメです。バイクに取り付けるゴムが緩んでしまうと、運転中にシートバッグが落下してしまう恐れがあります。ゴムが緩んでしまう原因として、長期間伸ばした状態で保管していたことが挙げられます。ゴムが緩んでしまうのを避けるためにも、長期間保存する場合は特にゴムを外して保管するのがオススメです。シートバッグは丈夫に作られているため、汚れが染み込んでしまうと落ちにくいという性質があります。そのため、泥汚れなどが付いてしまった場合はすぐに拭きとるといった手入れをすることが重要となっています。